Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ラスパルマス祭り

先日、ラスパルマスにおいてお祭りが開催された。
当日にたまたま、セビリアで告知を聞いた私は
主催者の方々とともにラスパルマスへと向かった。

祭りは非常に楽しく、盛況のうちに幕を閉じた。
で…ここからが本番。ラスパルマスという場所柄か
ネームに色の付いた人の多いこと。
祭りが終わって、酒場でまったりとしていると…
周りはイスパニアの海賊ばかり。

こうなれば、やることは一つだ。
そう、みんなでカナリア沖ローリング作戦。
作戦といっても何のことはない。
みんなでカナリア沖を航行する他国船を襲いまくろう!
という、危険きわまりない、かつ、非常に迷惑な行為だ。

で、私もカナリア沖に飛び出し、他国船を見つけては襲った。
その中で、特に印象に残ったモノを一つ挙げたい。

例によって、ラスパルマスから西へと航行中にガレアスを旗艦とする
ポルトガル船4隻艦隊を発見、これを襲撃する。
相手の構成は、ガレアス、商用サムブーク、ダウ、キャラックだったか。
相手の数が多いことを考えると…拿捕すべきはガレアス以外であろう。
しかし、ガレアスは味方を守るためか、こちらに肉薄してくる。
キャラックもこちらに向かってくるので、牽制のためにキャラックを砲撃。
これが、思い切り船首クリティカルとなり、キャラックは轟沈。
肉薄してきたガレアスと白兵戦になる。
いかにガレアスとはいえ、移動仕様のガレアス。
白兵能力ではこちらが上回っている。
突撃を続け、拿捕にかかるが…相手も突撃をしてくる。
む…?そうか、相手には味方がいる。味方に外科をされては…

ガレアスが指示したのか、遅れて相手の外科が入り始める。
これではあまりにも不利。一旦撤収し、体制の立て直しを図る。
外科で回復しつつ、ダウおよびサムブークの拿捕を狙うも
一旦加速した、2隻はなかなかすばしっこい。
ガレアスも味方を守るべく奮戦するために、私の動きも制限され
2隻の拿捕を断念せざるを得なかった。

私 「まいったな~」
相手「もう、ここらで…」

確かに、このあたりで引くのもありか…いや。
こちらはすでにキャラックを沈めている。
ここで引けば、何も得られぬまま、悪名だけが増加する。
それは、いかにヘタレとはいえ、海賊としての矜持が許さぬ。

さて、ダウとサムブークの拿捕が無理となると…狙うはガレアス。
ダウの方は、レベル的にも外科が使えるとは思えない。
外科をしているのはサムブークの方だろう。
それなら話は簡単だ。逃げ回るサムブークの船尾にねらいを定め…
一斉砲撃ッ!!!見事にクリティカルが決まり、サムブークは轟沈。

これで、心おきなくガレアスと戦える。
ガレアスと白兵に突入。ガレアスは味方の外科を頼ってか、突撃をしてくる。
しかし、もはや外科の使える仲間はいない…
ガレアスはそれに気が付くのが遅すぎた。
ガレアスは急いで撤収を試みるも、ことごとく失敗。
ついに、ガレアスの拿捕に成功。ようやく収奪することが出来た。

さて、その後も海賊活動を続け、一定の戦果を挙げ
意気揚々と帰途についたのであった…


ブログランキング
FC2ブログランキング参加中!!よかったら押してください。
(※FC2ブログランキングの大航海時代Onlineカテゴリにとびます)
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Profile

REI

  • By:REI

  • EurosEspana
    砲術家海賊

Calender

Entry & Comment

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DOL RING

大航海時代Online Ring 大航海時代Online公式サイトに行く 前のサイト 次のサイト ランダム リングホーム 参加リスト

FC2 BlogRanking

Powered by FC2ブログ

(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、
もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
Admin/ Analyzer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。