Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://reirei64.blog17.fc2.com/tb.php/34-0f61d5e5

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

模擬戦

大海戦も終わり、さて何をしようか…いや、次回に向けてレベル上げなんだけど…
なんとなく、やる気が出ない。気分を変えて、カリブ交易なんぞしてみる。
でもすぐに飽きる。ってなわけでセビリアのベンチに座ってボケ~ッとしていた。

そうしていると、商会メンバーから「模擬戦しよう!」とお誘いが。
こっちは、やる気が出ずに暇していたところ。喜んで誘いをうけることに。

商会メンバーの船はガレオン。私はいつもの重ガレー。
軍人のメンツにかけて、冒険者の船には負けられない。
ガレオン相手の作戦となると…やはり近接戦闘→接舷であろう。
至近距離での撃ち合いだと耐久と装甲の差で撃ち負ける恐れがある。

さて、戦闘開始!相手が機雷を使うことを見越して、機雷発見を発動。
そして、水平射撃、回避を発動させておく。
お互い出方をうかがうために遠目から撃ち合い。距離があるためにほとんど
ダメージは入らない。お互いに機雷をまきつつ、牽制の砲撃。
………埒があかない。相手がある程度機雷をまいたところで距離を詰める。

至近距離での砲撃戦!どうやらスキルの差で私に分があるようだ。
こちらの砲撃で相手に3桁ダメージは行く。対してこちらは60程度。
至近距離の撃ち合いから、一気に白兵へと持ち込む。当然相手は撤収の鐘を鳴らす。
ガレオンは船員が少しでも減ると、すぐにフルファイア可能人数を割り込む。
対して、こちらは20~30人減っても、砲撃の威力に影響はない。
つまり、白兵で撤収されるのは承知の上。多少でも船員を減らせれば、それでいいのだ。
案の定、突撃が一回入った段階で撤退される。ここで相手に余裕を与えてはいけない。
直ちに追撃に入る。相手と併走するために漕船、至近距離砲撃のための水平射撃
ダメージ軽減のための回避を発動させて、併走しつつ砲撃する。
相手は船員とダメージの回復のために操船、砲撃もままならない。
それなら…回避を切り、速射発動。相手を回復行動だけに追い込む。
そして再び白兵戦へ。今度は突撃が2度入ったところで撤収される。

相手は急いで減った船員の回復を図る…う~ん、そこは船員の回復じゃなくて
船耐久の回復を優先するべきだなぁ~と思いつつ、冷静に至近距離砲撃。
白兵前に与えていたダメージが効いた。この砲撃で見事に撃沈。

何とか、軍人としてのメンツを守りきったのだった…
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://reirei64.blog17.fc2.com/tb.php/34-0f61d5e5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Profile

REI

  • By:REI

  • EurosEspana
    砲術家海賊

Calender

Entry & Comment

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DOL RING

大航海時代Online Ring 大航海時代Online公式サイトに行く 前のサイト 次のサイト ランダム リングホーム 参加リスト

FC2 BlogRanking

Powered by FC2ブログ

(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、
もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
Admin/ Analyzer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。